脱毛サロンので脱毛 急ぎ脱毛【脱毛ナビ】脱毛ナビ





脱毛ナビで夏までにツルツル!


エステ脱毛のメリット、デメリット

脱毛前に気をつけなくてはいけないこと

1.日焼け止めを使用する
紫外線脱毛を行った後の肌には、とても敏感です。敏感なお肌には、紫外線は大敵です。処理した部位は、日焼け止めをたっぷりと使用して、保護しましょう。またレーザー脱毛や光脱毛は、黒い肌の色には効きにくく、痛みを感じにくい性質を持っています。脱毛の施術を続ける場合は、日焼け止めクリームの仕様を続けましょう。

2.肌を冷やす
施術後はお肌が火照っている為、鎮静を行います。保冷剤や冷やしたタオルなどを使用する場合が多いです。
お家に帰っても火照った感じが続く場合は、冷水で流したり、冷タオルや保冷剤を使用して、お肌を冷やしましょう。

3.消臭スプレーを使用しない
消臭スプレー施術前後は、消臭するプレーを使用しないでおきましょう。
消臭スプレーに含まれる、白い粒子が脱毛の妨げになり、衛生的にも良くありません。脱毛後、最低1時間以上は消臭スプレーの仕様は控えましょう。

4.軟膏やクリームを使用する
クリームクリニックやエステサロンから渡された、特別な軟膏やクリームがあれば使用しましょう。もし何もない場合は、ボディクリームなどを使用して保湿しましょう。ただし、清涼感を強く感じる製品はお肌の負担になる場合もあります。使用感が優しいもの使いましょう。

5.温めない
脱湯船に入る毛した部位は温めないでください。これは日光、湯船、熱いシャワー、サウナ、こたつや床暖房なども含まれます。脱毛した患部を温めると、後から赤みやヒリヒリなどの炎症を起こす場合があります。脱毛したら温めず冷やす事に気を付けましょう。冬は床暖房などでうっかり温めてしまう方もいるので、気を付けましょう。

6.痕になってしまったら
痕これは非常にまれですが、脱毛器の照射口の形やそれに近い形で跡になる場合があります。肌全体が赤くなるのではなく、一部分だけマークの様になります。この場合は、すぐに施術店舗に問い合わせてください。自己判断で処理するのは、お勧めしません。またその跡の写真をメールに添付して送るのも、的確な判断を仰ぐ情報となります。

脱毛後に気をつけなくてはいけないこと

1.日焼け止めを使用する
UVクリーム上記でも説明しましたが、日焼けは脱毛の大敵です。日焼け止めクリームは使い続けましょう。お肌が日焼けして、黒くなってしまうと、脱毛の効果が出難くなってしまいます。脱毛を行っている間は、日焼け止めクリームは使用を徹底しましょう。

2.毛の処理は剃るのみ
毛を抜いてはいけません。毛を抜いてしまうと施術が受けられなくなります。ワックス脱毛やピンセットなどは使用しないでください。もし毛の処理をしたければ、剃るだけにしましょう。敏感肌な人は、お肌に優しい電動シェーバーを使用しましょう。

3.抗生物質は使用しない
医者お肌に塗付するタイプの抗生物質は、お肌を敏感にします。その為、レーザー脱毛や光脱毛は使用できない場合があります。使用した場合は、最低2週間は開けてから、施術者に相談しましょう。また、どうしても使用しなければいけない場合は、かかりつけのお医者さんに、脱毛を行っても大丈夫か確認しましょう。

4.保湿クリームを使う
保湿化粧品肌が乾燥しているとレーザーや光によるダメージを負いやすくなります。次回の施術の為に、保湿を行いましょう。最も乾燥するのは、お風呂上りです。お風呂から上がったら、すぐにボディークリームやフェイスクリームなどを使用しましょう。保湿した肌は、痛みが感じにくくなり、火傷や炎症のリスクも下げてくれます。